toeicで高スコアをめざす勉強法とは

最近では、ある程度の語学力がないとエントリーを受け付けてもらえない企業があり、就職活動生の足切りのボーダーラインとしてtoeicのスコアが必要になっています。良い求人が出たとしても、語学力のレベルが足りずエントリーすらできないとなると悔しい思いをすることになるでしょう。また、社内公用語が英語の会社は、入社後もスコアアップを目指さないと昇給や昇格に影響が出てしまう場合もあります。特に、生活がかかっている家庭を持つ会社員の方は、スコアを落とすわけにはいかないので大変です。そこで、今回は、高スコアを取るために必要な対策の仕方や勉強法をご紹介します。このテストは、リーディングとリスニングの2部構成になっているので、それぞれの勉強のコツを述べます。

リスニングテストで高得点を取るには

まず、toeicでは、リスニングテストが45分間あります。リスニングテストで高得点を取るコツとは、設問を先に見ておくことでしょう。実は、問題用紙にメモを取る事ができず、更に問題は1回しか読まれません。その中で効率良く解くためには先に設問を読み、問題を聞きながら解答をすることです。そのためには、ボキャブラリー力がないと即座に内容が理解できません。そこで、勉強法として、リスニング問題を解いた後に分からない単語をノートの左側に書き出します。そして、右側には日本語を書きます。単語を見ながら日本語を言えるようになったら逆をやり、その後は単語をランダムに読みながらなるべく早く日本語を答える訓練をします。答えるスピードを重視することで、リスニングの速さについていけるようになります。

リーディングで高得点を取るコツとは

次にリーディングです。リーディングは75分間と時間は長いですが、問題量はかなり多いです。ネイティブスピーカーの方でも最後まで解けなかったという方もいます。そんなリーディングで高得点を取るコツとは、長文読解にあると考えます。最初の設問は、基本的な文法や単語が分かれば満点を取れるものなので、テキストの復習で十分です。しかし、toeicの長文読解は短時間で効率良く解かなければ間に合いません。そこで、最初に設問を読み、文章の内容を把握してから読みます。そうすることによって文章を読みながら問題を解くことが可能になります。勉強方法として、設問のみ読んでそれを要約する練習を毎日やります。答えを見て内容がかけ離れていた場合は、上記と同じ方法で単語やイディオムを暗記してください。

授業内容と教材の質を常に最高のレベルに保つ様に努力し、本物の英語力を身に着ける努力を続けた実績が有ります。 当スクールでは、英語のコミュニケーション能力を評価するための試験に対して効果的な対策を行うことができるような講座を開講しています。 試験対策といっても、小手先のテクニックではなく、真の英語力の底上げを目指し、その結果としてのスコアの上昇を図ります。 【toeicとは】気になる方はこちら